ダックスフンド

ダックスフンド10は、ダックスフンドを飼う前に絶対に知ってほしい10項目の知識・心構えを解説するサイトです。人もダックスフンドも幸せな関係が、一組でも増えるよう願っています。

ダックスフンド10メインバナー

ダックスフンドの飼い方

順応力に優れているので、都市の生活や共同住宅での生活にもすぐに慣れることができる犬種です。しかし、大自然の中で獲物を探したりすることをとても好みます。公園などでしっかりと遊ばせてあげるのが良いでしょう。

特に気をつけたいのは4点。

食事

肥満の子が多いダックスフンド。おやつをあげたり甘やかしてしまいがちですが、他の犬種以上に体格のバランスに配慮が必要です。

必ずしも体重だけでは判断せず、身体を触ったときに、肋骨が皮1,2枚を挟んで触れる程度(スムースの場合は、うっすらと骨が見える程度)に保ってあげてください。

運動

運動とダックスフンド

活動的なのに肥満になりやすダックスフンドを飼うときには、特に運動量と身体全体のバランスや体重への注意が必要です。

運動いっぱいさせてあげてください。

でも!フローリングなどの滑る床や高い場所はダックスフンドにとっては特に要注意なエリアです。

椎間板ヘルニアなど、腰や関節などの病気になりやすいのがダックスフンドなので、そのような場所で運動をしていると、今度は股関節形成不全やヘルニアの可能性が出てきます。

なので、ダックスフンドの運動は滑らない、平らもしくはゆるやかな斜面で行ってあげてください。

温度

寒がりなダックスフンド基本的に寒がりなダックスフンド。冬の寒さもそうですが、夏場のクーラーなどは特に要注意。涼しすぎる環境も時にはマイナス効果になってしまいます。


お散歩

脚が短い分、お散歩の際にお腹周りが汚れてしまいやすいです。お家に帰ったら、タオルで拭いたり、洗ったりして清潔に保ってあげる必要があります。汚れたままだと皮膚トラブルにつながります。

コンテンツリスト
  • ダックスフンドの歴史
  • ダックスフンドの性格
  • ダックスフンドの病気
  • ダックスフンドの種類
  • ダックスフンドの毛色
  • ダックスフンドの飼い方
  • ダックスフンドのしつけ
  • ダックスフンドのケア
  • ダックスフンドの見つけ方
  • 犬の十戒

Copyright(c) All rights reserved.